電子帳簿保存.com

帳簿・書類の電子化セミナー【大阪】~さぁ始めよう!帳簿・書類控えのデジタル化とは~

セミナーお申し込みはこちら

セミナー詳細

日程 2019年11月13日(水) 10:00~11:50(受付9:30~)
概要
国税関係帳簿書類の承認件数が累計で20万件を超え、さらに働き方改革の流れを受けて、申請件数は増え続けております。
電子帳簿保存法の申請は要件把握や事務規定の整備など難易度が高いと思われがちですが、実は帳簿や書類控えの電子化はそんなに難しいものではありません。
本セミナーでは、2,000社以上の申請実績を誇る当社製品の採用事例の中から、帳簿・書類控えの導入事例に絞って、電子帳簿保存法の概要や申請ポイントを、分かりやすくご説明いたします。

こんな課題をお持ちでないですか?


・電子帳簿保存法の内容を簡単に理解したい
・申請するときの注意点や対応できるシステムを知りたい
・取引量が多く、仕訳帳、総勘定元帳等※1の帳簿類の整理に手間がかかる
・書類控え※2の紛失、セキュリティ対策などデジタル化への対応を考えたい

※1:「自己がコンピュータを使用して作成する帳簿」対象書類例:仕訳帳、総勘定元帳、売上帳、仕入帳など
※2:「自己がコンピュータを使用して作成する決算関係書類、取引相手に交付する書類写し」対象書類例:貸借対照表、損益計算書、見積書・納品書・請求書の控えなど

ご紹介する実例


【帳簿】 本体とグループ57社で電子帳簿申請。1億4千万件以上になる膨大な会計データを管理。
【書類】 請求書、納品書などの書類控えから着手、次いで帳簿保存へ、段階的に活用の幅を拡張。
【書類】 商社様の自社発行、取引先から送付されてきた書類を電子化、ファイリング、保管、廃棄の手間を廃止。
会場 グランフロント大阪 北館タワーB 10階
ナレッジキャピタル
カンファレンスルームタワーB Room06+07
大阪市北区大深町3-1 JR線「名古屋駅」:直結
市営地下鉄「名古屋駅」:直結
名鉄線「名鉄名古屋駅」:徒歩4分
近鉄線「近鉄名古屋駅」:徒歩5分
参加費 無料(事前登録制)
対象者 経理・財務ご担当者様
※同業の方のお申し込みはお断りする場合がございます。 あらかじめご了承下さい。
主催 JFEシステムズ株式会社
セミナープログラム

ご挨拶 10:00~10:05

『電子帳簿保存法の早わかり講座』10:05~10:45

経理関連の電子化では、電子帳簿保存法の要件に適合した対応が求められます。
本セミナーでは、短い時間で法律の概要や申請に向けた留意点や多くの申請実績を誇る当社製品について、ご紹介いたします。

JFEシステムズ株式会社

『帳簿・書類控え保存の厳選事例ご紹介』11:00~11:40

当社事例の中から国税関係帳簿書類を中心とした電子帳簿保存システムの構築事例と、会計・販売管理システムと連携したシステム構築事例に基づき、システム導入のポイントについて、ご説明いたします。

JFEシステムズ株式会社

『質疑応答、アンケート記入』11:40~11:50

※ プログラム内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

セミナーお申し込みはこちら