電子帳簿保存.com

税務調査・監査対応に向けて

電子帳簿保存.comでは、大手企業様が毎年不安に思う税務調査を、
無事に対応できるように、税務調査の変化内容を踏まえ、
どうすれば効率化できるかをご説明します。

電子化の活用であなたの企業の税務調査対応が変わる

理由1税務調査方法の変化

  • 税務調査における
    データの提出

    大手企業の税務調査では、法人税法などで
    原則として規定されている紙の帳簿のほかに、
    各種取引に関する帳簿データの提出を
    依頼されることが多くなっています

  • 税務に関するコーポレート
    ガバナンスを重視

    税務に関するコーポレートガバナンス評価
    において、帳簿書類などを適正に保存する
    ことが評価項目として挙げられています

  • 大法人の
    電子申告義務化

    国税庁は、行政手続きの電子化に向けて
    動き出しております。
    今後は、個々の取引などを記録する
    帳簿データも電子管理により、
    一連の会計業務の効率化が図れます。

理由2社内の非効率化

  • 毎年、税務調査の
    事前準備に苦労している

  • 証憑の提出等の
    税務調査対応が大変

  • 紙の量が膨大で印刷・
    保管コストがかかる

電子化の活用であなたの企業の税務調査対応が変わる!

  • 事前にデータの準備も
    素早く対応できます

  • 帳簿や書類の作成プロセス
    やデータの真正性
    を高めます

  • 帳簿を適正管理
    することが適正な
    申告に繋がります

帳簿・書類の電子化で、税務調査をもっと効率的に

  • 税務調査の
    事前準備を効率化

  • 帳簿・証憑のデータ検索
    により、調査対応も
    ラクラク

  • 提出書類の印刷・
    保管コストカット

電子帳簿保存法 はじめの一歩!

データデリバリーアセスメントサービス

電子帳簿保存法の4つのカテゴリ(『帳簿』・『書類』・『スキャナ』・『電子取引』)の電子保存要件に対応した
電子帳簿システム「DataDelivery」の概要のご説明、およびDataDeliveryの導入事例と
現在のお客様環境のFIT&GAPを診断させていただきます。

このようなお客様におすすめ!

  • おすすめ理由1

    電子帳簿保存法
    がまだわからない

  • おすすめ理由2

    どれが対象帳票に該当するか
    わからない

  • おすすめ理由3

    電子帳簿保存法に
    対応したシステムを
    探している

  • おすすめ理由4

    他社がどうやっているか
    しりたい

サービスの内容と流れ

STEP 1

  • 電子帳簿保存法の
    概要説明

  • お客様の環境ヒアリング・
    質疑応答

  • 電子帳簿システムの
    導入事例の紹介

STEP 2

  • お客様の環境整理と
    適用範囲の検討

STEP 3

  • 推進課題と方向性
    に関する認識合わせ

アセスメントサービスを受けるとこう変わる!

  • 法律の概要や留意点などを
    認識できる

  • 先進事例を理解し
    自社の現状を可視化できる

  • 電子化するための
    課題や方向性を
    判断できる

アセスメントサービス
お問い合わせ