電子帳簿保存.com

(経理部・財務部様向け)電子帳簿保存法×請求書のスキャナ保存対応セミナー

セミナー詳細

日程 2020年09月25日(金)15:30~17:00
※本セミナーは開催終了いたしました
概要 コロナ禍の影響を受け、多くの企業では在宅勤務が継続されています。
ただし、紙証憑のやり取りを基本としている業務手法では、取引先から受領する請求書の手続きのために出社を余儀なくされる経理・財務部のご担当者様は多いのではないのでしょうか?
そういった紙証憑の電子化を進めるうえでは、電子帳簿保存法の法的要件に従って適切に保存する必要があります。
そこで、本セミナーでは、電帳法の第一人者である袖山喜久造先生をお招きしスキャナ保存の法要件をご説明いただくとともに、取引先から受領する請求書払いの電子化を実現した取り組み事例についてご紹介します。
セミナーの最後に、袖山先生へ直接ご質問頂ける機会を設けています。
本気で取り組みを始めたい皆様、ぜひお申し込みをお待ちしております。

※本セミナーはWEB形式です。お申込みいただいた後、受付完了メールをお送りします。
※セミナー前日までに受講用URLを送付します。開始10分前よりログイン可能です。
参加費 無料(事前登録制)
対象者 経理・財務ご担当者様
※同業の方のお申し込みはお断りする場合がございます。 あらかじめご了承下さい。
視聴方法 Zoomウェビナーでのご視聴となります。
ブラウザ、または、Zoomアプリからご視聴いただけます。
事前に接続確認をされたい方は、以下のURLをご利用ください。
http://zoom.us/test
※ZoomサイトのFAQ「ミーティングに参加する前にテストするにはどうすればよいですか?」
に詳しい情報がございます。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083
主催 JFEシステムズ株式会社
セミナープログラム

『電子帳簿保存法の改正と電子化の方向性~電子取引解説編~』40分

取引関係書類の電子化には、電子帳簿保存法の対応が不可欠です。
今回は、特に取引先から受領する請求書のスキャナ保存や電子取引に焦点を当ててご講演いただきます。
令和2年度 電子取引の規制緩和による改正について、背景と今後の電子化の方向性などの情報もお話しいただきます。

SKJ総合税理士事務所 所長 袖山 喜久造 氏

『受領する請求書の電子化を実現したお客様事例
~効率的に電子化を進めるための検討ポイントとは~』20分

取引先から受領する書類など国税関係帳簿書類を電子化するためには、支払申請、承認業務の適正化を維持しつつ、効率的な業務フローの検討が必要です。
今回は弊社の豊富な導入事例からスキャナ保存・帳簿・電子取引の電子化を進める際の検討ポイントについて、わかりやすくお伝えします。

JFEシステムズ株式会社 プロダクト事業部 営業部 原田聡

『質疑応答』20分

※ プログラム内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。